NEWS!
PICK UP!

ドル円日足チャートヘッドアンドショルダー形成へネックラインの攻防一時95円台、米4月小売売上高が注目の指標。

USDJPY20090513日足チャート
8:55
おはようございます。12日のドル円相場はまた大きな日足陰線となりました。先週末から再三ドル円の下落を警告してきましたが、その通りになりました。それでも今までと同じように「98.0→97.0と値ごろ感から押し目買いを安易に入れないように」と円キャリー時代を例に挙げ申し上げておきましたので避けられたと思います。→その記事はこちら。他にも高値圏でもみ合っていた時期にはロングもショートも均等にポジションを取っていましたが、先週の水曜夜から突然「すべてショート」に切り替えていましたのでいつも読んでいる方は気付かれたかと思います…というより毎日うるさく書いていました。以前にも「全部ロング」に切り替わった時があったと思います。毎回当たるとは限りませんが、今後も大きな転換点を迎えそうな時には情報を発信したいと思います。

判断基準はドル円日足チャートの赤いラインを引いた「角度と深さ」です。日足上昇トレンドの中95.61は突っ込みすぎでヘッドアンドショルダーのヘッドになりそうだと感じておりました、いったい誰がこの足型を作っているんでしょうか?直後の戻りが100円台に乗せられないことで「ほぼ確信」となりました。本日はネックラインを終値で割れてくるかに注目をしています。日足なのでクローズするまではわかりません。トレードルールを一部変更しました(旧1ショット20Lot最大100Lot→新1ショット30Lot最大90Lot)、1ショットは30へ引き上げ、最大保有は90へ引き下げました。無駄ポジ対策のためになります。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加