NEWS!
PICK UP!

バンカメ不合格に97.94まで下落、米4月ADP全国雇用者数-49.1万人大幅に改善99.08、6日ドル円時間足チャート解説+3.6万。

USDJPY20090507T時間足チャート
8:45
おはようございます。6日の東京時間はバンクオブアメリカのストレステスト不合格報道でサポートライン98.60を割れ→97.94まで下落をしました。GW中の東京時間ということと、天気も悪いので昼寝をしていたら逃してしまいました。結局ここが今週の勝負どころでした。もう解説不要の簡単な場面かと思いますが一応、材料としてもBOAの材料しかなく、時間足も5分足もいい形でサポート割れしてきました。ターゲットはFOMCで跳ねたときのレジスタンス98.00で「タダもらい」の60銭を逃してしまいました。ここは60Lotで20~30万は勝っておかなければならない場面。ショートカバーの戻りが98.58までであったことも98.60が意識されたことを証明しているかと思います。このあたりをあっさり逃してしまうのが自分の甘さかと痛感しています。

専業でも1日中はチャートや相場を見ませんが、対策を。東京時間にサポート割れをしてくるときはおおむね「狭いレンジ相場」に入っている時かと思います。「昼寝禁止」では厳しいですが、このような時には相場に張り付くしかないかと思います。ひと勝負終われば自由なので来週以降はまた注意しておきたいと思います。NY時間にはADPリポートが大幅改善となりドル円は99.08まで上昇→98.21くらいまで緩んでいます。NYでは98.55あたりからADPで買っていくか、99円前後で上げどまりを売るかの2択だったと思います。昨日は上げどまりを売ってみました+36,000円でした。スキャル中心になったので明細はまたスキャルブログに出しておきます。本日の予想も後ほど。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加