NEWS!
PICK UP!

インテル決算・米3月小売売上高が注目材料に、GS好決算もGM破たん観測が重しか、日経平均下落に転じ113円安ドル円99.59まで。

12:11
こんにちは、14日午前の日経平均株価は 8,811.08 -113.35 -1.27% でクローズ思いのほか弱い展開になっています。どうもNYダウ8000ドル、日経9000円に乗ると利益確定売りが優勢になりますね、GMの破たん観測も常に重しになっているようです。本日はNY時間にインテルの決算←朝5時ころ、21:30米3月小売売上高の発表があります、両方とも重要な材料になりますので結果に注目をしておきます。今朝がたGSの決算が発表されたことで米金融機関決算への懸念がさらに後退しましたが、米金融機関に関しては残りもすべて悪くないと予想しています、これに関してはもう織り込み済みで発表されても反応は薄いと予想しています。インテルは金融機関ではない米半導体大手ですから、こちらは米3月小売売上高とともに注目をせざるを得ません、やや発表時間が重なりそう←朝5時ころでした、な気もしますが2つの材料を受けてダウ先物、米現物株がどのように動くかを見ておけばよいかと思います、15時~1時は連休明けのマーケットを良く見ておきたいところです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero