NEWS!
PICK UP!

欧州勢のショートスクイーズ、よくあるパターンでご質問が集中しましたので一度「完全解説」をしておきます。

USDJPY20090406L5分足チャート2
18:30
こんばんは、6日欧州時間に入ったところでのドル円相場ですが多くの読者の方が取られたようでコメント、拍手コメント、メールにて「取りました」という声をたくさんいただきました。この時間で十数名の方から反応がありましたが「みなさん仕事は大丈夫でしょうか^^」同時にご質問も多く寄せていただきましたので記事でまとめて回答します。私も攻めきれていない部分がありますので「完全解説」という事で一度詳しく解説します。玄人トレーダーの方はおわかりだと思いますので読み飛ばしてください、ご質問にありましたのは「なぜこの時間なら勝負なのか、なぜ当分落ちてこないと言えるのか」といったご質問でしたが、解説は推測になってしまう部分もありますのでご了承ください。これは「欧州勢が得意のショートスクイーズ」ですね、欧州勢のショートスクイーズとは東京時間に日経平均株価が堅調に推移したことでクロス円は買われ、ドル円は100.92まで一気に上昇をしました、これが10:30です。この後は日経平均が伸び悩んだこと、101円のオプションが意識された事で100.70-90の狭いレンジでもみ合いに入りました。特に「これ以上日経が上げない」「101円にオプション」を意識する東京の為替ディーラーは101円を壁にした戻り売り戦略で小刻みに利益を重ねます、中には利益確定をせずに100.90付近で売り→高値更新の100.93-95あたりにストップを置いて下落すれば大儲け、ストップがついても損失は限定的というトレードをよくします。15:30くらいになると早出欧州勢が入っていきます、クローズした日経をみると108円高、実需の売りもでないことを確認すると「東京勢が設定したストップを踏み上げて儲けようと仕掛けます」これが欧州勢のショートスクイーズでこの時間によくあります。上記の推測がどの程度当たっているかはともかくとして、長くやっているトレーダーは同じように考えたはずです。

次は実際のトレードの反省点ですが、取引履歴の赤枠内20Lotがデイトレ用のポジションになります、残り80Lotはスキャル用です。「リアルタイムチャートをみるように」と言い続けているのは「1分より短い値動き」が実はあるからです、それも今回だけ解説します、このあたりがチャートを後からみても学ぶことができませんので1年くらいはリアルタイムチャートを見てほしい理由です。まず、最初に101円に乗せたのは15:40の足ですが、100.95からレートが跳ねて101.04まで行った後にその5分足の間に一度緩んだのが実は100.92です(外為オンラインレート)、ここで押し目を入れ一番安いところで取れたポジション100.93をデイトレ用に残し、その他80Lotはスキャル用としてすぐに利益確定する予定でした。スキャル用は利益になったところで予定通り利益確定+54,000円、デイトレ用は101.16で利益確定+46,000円でした「101.15-18をターゲットに利益確定スクエア→大台付近に下落したところを拾い直し→しばらく放置して101円ミドル狙い」というシナリオを立てていました…が、落ちてきたのが101.04まででつい見てしまいました、おそらく101.01-02あたりなら手が勝手にロングで拾ったと思うのですが様子を見てしまいました、エントリーした場合のストップはチャートでは見えていませんが100.90に設定します。このあたりは皆考えることが同じなのか「早い者勝ち」となってしましました、このようなシナリオ通りにレートが動いている時は「簡単には大台を割れてきません」そのため101.04を逃したことでもう一旦PCの電源を切って散歩に行きました、101.04-05で拾い直して101円台ミドルまで取らないといけなかったですね、この時点で+10万になっていましたので、101.04-05で拾って100.90で切られても+8万くらいは残るわけで「もう勝っている」わけですから行かないといけません、甘さを見せてしまいました。※この記事をご質問の回答にさせていただきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero