NEWS!
PICK UP!

GMクライスラー破産法オバマ大統領発言にドル円・クロス円急落、日銀短観大企業製造業DI-58重なりつるべ落とし。

USDJPY20090401T5分足チャート
9:43
おはようございます、昨日遅くまでトレードしていましたので寝坊しました。また東京市場大荒れになっていますね。起きたのが乱高下の後でしたのでエントリーはできませんでしたが、5分足の赤枠がショートのエントリーポイント、大きなLotで20~30pips取ってすぐに利益確定すれば良いと思います。デイトレの方法は先日の「ガイトナー発言」とまったく同じです、その時のガイトナー発言詳細記事はこちらです、参考にされてください。東京市場では注目されていた日銀短観が発表された直後に来たようで「つるべ落とし」になっていますね。これは短観で円を売っていた東京のディーラーは大変な目に遭いましたね、ドル円は昨日の高値さえ抜けて99.48まで上げている最中に98.21ですから大変だったかと思います。問題になっているGMクライスラーについてですが2つ考えています。昨日までは米自動車作業部会の再建策拒否によりマーケット参加者は破産確率5分5分と見ていましたが、どうも破産が濃厚になっている感じがします。ただし、コンセンサスが破産に傾いているところでの破産ならショックはそれほど大きくないハズですね、この60日間の猶予は新たな再建策よりも「破産法適用の準備期間」とみて良さそうです。もうひとつ全く別の考え方では「破産を強力にちらつかせて譲歩しない連中を譲歩させようと駆け引きしている」このどちらかですね、最終的に破産法を適用しなかった場合は揺さぶっているということです。いずれにしても冷静に考えれば「事前調整型破産法を適用して再建」はベストな選択肢かと思います、これ以上ないほどコンパクトにならないと競争力がないので仕方がなさそうです。GMクライスラーの破たんは4月後半~5月を見込みますが、その前に今日のように少しづつ折り込むと予想しておきます。問題が大きいのは債権者・株主・労働者のほうが大きな火種になります、金融機関も大きな損失がでるでしょうし、底打ちしかけた雇用問題が再燃した場合には悲観論が噴き出して再び2番底を伺うことになります。ただし、株価もクロス円も「底割れではない」と予想して直近の最安値付近では買いを入れたいところです。底割れをしないと考える根拠は円キャリーが終わっているからです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero