NEWS!
PICK UP!

オバマ大統領による米自動車産業救済策発表待ち、30日ロンドン外国為替市場ドル円チャート解説。

USDJPY20090330L時間足チャート
20:21
こんばんは、30日のNY時間にはご存じの通り「オバマ大統領による米自動車産業救済策」が発表されます。すでに本日東京時間午後に内容が報道されており日本株は下げ幅を大幅に拡大、クロス円は売り込まれています。最近の相場はNY時間を中心に米国ネタで東京時間にもよく動きますね、月曜ということもあり油断していました。出かけている間に報道で急落、帰宅した時には96.20付近で見てるだけになりました、本日はノーポジです。どうも米自動車作業部会や米自動車救済法案、米金融安定化法案など米当局者は「週末も遅くまで仕事をし、東京時間に報道が流れる」という展開が金融危機以降には散見されますね、いくら専業でも1日中チャートに張り付いていては気分転換やストレスといった部分で失敗してしまうので難しいところです。とりあえずは東京時間で最近大きく動いたときのイベント・材料を確認すると「すべて事前に記事で書いているほど注目された材料」となっていますので、大きな材料があるときは弁当などにして在宅するなどしておくくらいでしょうか。ドル円時間足チャートからは直近の安値93.54を割り込んだところ、もしくは96.90割れでは順張りショートのエントリーポイントです。特に96.90割れは取りたかったですね、それでもFX投資では「何回見逃しても三振はない」ですから、あまり気にせずに次のチャンスを待ちたいと思います。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero