NEWS!
PICK UP!

誰もが目標にしている損小利大なぜできない?メンタルが弱いから?いったいどうしたら損失を小さく抑え利益を最大限に伸ばすことができるのか。

※この記事はFX投資歴6か月以上の中級者以上向けに作成しています。

「損失を最小限にし、利益を最大限に伸ばしましょう!」そんなことは耳にタコができるほど雑誌や書籍で拝見した、今後も際限なく同じ教訓を連呼してくる専門家。

「だからそれってどうやったらできるの?」ZEROの経験も踏まえて一歩踏み込んで一緒に考えてみましょう。

FXデイトレードに限らず、スイングトレードでも「損小利大」はトレーダーにとって大きなテーマの一つです。しかしながらなかなか達成できないのが「損小利大」です。ここではその原因と対策を考えて「損小利大」を達成するためのヒントを書いておきたいと思います。現状というかFX取引を始めたころはおそらく皆「損大利小」になります、これは「利益になればすぐに利益確定してしまうし、含み損を抱えてもなかなか損切りできない」という「人間らしさ」がもたらす結果だと言われています。半年以上FX取引に取り組んでいる中級者以上の方であれば、ここまでは理解している方がほとんどです。問題は「じゃあどうしたらいいの?」ということになるかと思います。個人的な意見になりますがZEROの損大利小解消法を書いておきます。まずFX取引を始めた段階ではではみな「損大利小」になってしまうものであることを受け入れてください、これは仕方のないことで「自分が誰かに対して劣っているから」ではありません。最終的なゴールは当然「損大利小」→「損小利大」にひっくり返すことであることも理解できると思います。でもこれって180°反対のウルトラCをいきなり決めに行く行為ではないですか?もう少し「損大利小」を分解して考えてみると歩むべきステップが見えてくるかと思います。

現在は「損大利小」です、ゴールは「損小利大」です。この間に「損小利小」がありますよね、「損大+利小」→「損小+利小」→「損小+利大」とブロック分けしてひとつひとつ改善をしていきましょう。一応ここでは「損大+利大」はやめておくことを推奨しておきます。この手法は何も特別な理論ではなく「ごく当たり前の学習ステップ」なのです。例えばあなたが「英文で手紙を書いてみたい」と考えた時に、いきなり文章を書き始めますか?普通は「英単語を覚えて」「文法を勉強して」それから「英文を書き始める」のではないでしょうか?このように投資以外のことであれば自然に踏むステップが投資になるといきなり最上級のテクニックを求めてしまうものです。結論としてまとめると「損大+利小」→「損小+利大」をいきなり目指してもそれは難しくて当然です、まずは「損大+利小」→「損小+利小」を目指しましょう、これが達成できたら「損小+利大」を目指すようにしましょう、ZEROは「大負け」という局面は最近1回もありませんので「損小+利小」まではできていると言っても良いかと思います、ロスカットラインも決めてからのエントリーですし、デイトレに関してはそのラインでロスカットも100%できています。スイングトレードの場合にはもうひとつロスカットラインが固まっていないので「大負け」という局面にならないように最初からLot数を下げています、少し話が逸れますがスイングトレードに関してはあまりLot数を上げないほうが無難かと思います、しっかりとストップロスオーダーを入れれば問題はありませんが、最近でもスイス中銀の介入やFOMCなどで寝ている間にかなりの大相場に発展していることがありますので。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加