NEWS!
PICK UP!

2009.3.16-3.20 デイトレ結果とチャート解説、水曜NY時間FOMCにてFRBによる国債買い取り最大3000億ドルを発表でドル暴落。

2009.3.16、17
前週木曜にはSNBによる直接介入が行われ外国為替市場では大幅なスイスフラン売り・円売りとなりました。その後は特に材料がなく稀に見る膠着状態、ドル円は月曜・火曜は終日で小動きの展開で「レンジ相場というよりは薄商い」といった様相でエントリーは1回もなく様子見となりました。

2009.3.18
USDJPY20090318N5分足チャート
火曜日に99円上値トライしたドル円相場は98.98までの上昇にとどまり、18日NY時間に入るとFOMCへの思惑や警戒感からロングを落としてくる動きとなりました。エントリーはスキャル気味に全てショートでやっていたのですが、2段階目の下落は98.11で10Lotショート→97.80で利益確定しました+31,000、ここは2段目も来る足型で比較的おいしい場面でした、上から売ってる筋が本格的なショートカバーになっていないことも慣れれば読み取れると思います、98.00-97.90にはストップも確実にあるでしょうから2段目からの売りでも40~50pipsの期待値はあったと思います、ユーロドルにも手を出してましたが合計で+57,368円でした。
→トレード関連記事、取引履歴などはこちら

2009.3.19
USDJPY20090318N5分足チャート USDJPY20090318日足チャート
今週一番の勝負どころであった、FOMCは3:09に起きた記憶があるものの、次に気がついた時には5時くらいですでに暴落をしていました、解説だけになりますが最初に急落する部分でショート、1回目の戻り97円台はすべて順張りショート→利益確定の目安は3/12に下落したときの安値95.65で良かったと思います。木曜日はほぼ様子をみていましたが、ここもスキャル気味に少し差益を取れました。ただし、前日のFOMCからかなりショートポジションが溜まってきている様子で慎重にトレードをしました。
→トレード関連記事、取引履歴などはこちら

2009.3.20
USDJPY20090320N4時間足チャート
金曜日は東京休場(春分の日)でした、この日の勝負どころは4時間足チャートでダブルボトムが完成したところ94.80を上抜けでロング→早めに利食いというのが良いかと思います。時間足でみても同様で若干4時間足のほうが見やすいだけで基本的にはどちらで見ても同じです、利食いは95円のストップロスをヒットしたら50pips程度で利食って良いと思います。20日はユーロドルもまったく同じ足型でダブルトップを形成していますので、ネックライン割れのところがエントリーポイントです。水曜・木曜に溜まったドル円ショートポジションを金曜にクローズする動きでいつものパターンとなっています、NY時間にはめずらしく96.21にショート5Lotスイングポジションを持ち越しています。

[総括]
今週は4回のエントリーチャンスがあったと思います。18日に実際にショートでエントリーしたところ、FOMCでの暴落局面、19日ガイトナー財務長官辞任のうわさでサポートライン95.65を抜けてからのショート、20日ショートカバーのなかで94.80上抜けダブルトップ完成のところ。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加