NEWS!
PICK UP!

ドル円動かず99円にはオプションと実需控え様子見ムードがさらに強まる、経済指標も反応薄ユーロドルも上昇速度遅い。

USDJPY20090317日足チャート
10:20
おはようございます、16日のドル円相場はほとんど動きなし朝方に97.54まで下げた後は98円台前半を中心に値幅も値動きもほとんど無い状態になりました。また経済指標が3つ(米)3月ニューヨーク連銀製造業景気指数、(米)1月対米証券投資、(米)2月鉱工業生産と発表されましたがマーケットは無反応でした。「まぁこういうときもあります」と言いたいところですが、「この数年では一度もない」ですね。目先では先週木曜のスイス中銀の介入騒ぎで欧米の投資家はへとへとになっているのかもしれませんね、日本ではスイスフラン絡みの取引は少ないですがドルスイスやユーロスイスは欧米の投資家はそれなりにやっているハズなので、5~10分の間にあれだけ動けば気づいた時にはもう上げきっていたかと思います。その疲れもあるかもしれませんが、一番の原因は金融危機でヘッジファンドや100年以上の歴史に幕を下ろした米系証券などビッグプレイヤーが為替以外の部門で損失が膨らんでいて参加できないのかもしれませんね。4~5月くらいには多少は体力が戻るでしょうか、AIGなんかもバーナンキ議長に「巨大なヘッジファンドだ」と言われるくらいの投機筋でしょうし、そもそも欧米の金融機関は全部投機筋でしたから、今回受けた打撃の大きさを動かない為替市場が物語っているということかと考えています。ここはデイトレーダーもスイングトレーダーも良い休暇だと思ってWBCを見たりしながら休憩中心にチャンスがあれば少しエントリーし、他は動き出す時に備えて勉強したりということで良いかと思います。最近はFX業者からも「取引高が伸びない」と聞こえてきますが、株で含み損があるでしょうし、小資金でできるのがFXの魅力なわけですし、以前の暴落相場や乱高下相場のような活発な取引はこの相場では望みにくいかと思います。トレーダーとしては「様子を見ている間に資産が減っていく」ということはないですから、気長に待ちたいと思います、本日夜中にはFOMCなどありますので週半ばにかけては少し動意づいてほしいですね、昨日はもちろんノーポジでした。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero