NEWS!
PICK UP!

来週の外国為替市場見通しFOMCなど材料こなしながらも各通貨レンジにならざるを得ないか、引き続きユーロスイスの水準には警戒。

USDJPY20090313N4時間足チャート EURCHF20090313N4時間足チャート
16:19
こんにちは、来週16日~の外国為替市場ドル円相場は「とりあえずレンジ」でスタートするしかないかと予想しています。スイス中銀の直接介入から各通貨とも方向感を探りにくい展開になっていますが、よくわからない以上レンジ相場に入らざるを得ないと予想しています。ドル円は96-99をコアに95-100で当分動かないと予想する向きが多く実際そうなりそうですね。ここは単純に直近の高値99.68、安値95.65をみながらのトレードで、この高値・安値にはストップを置きやすい環境になっていくと予想しています、単純に抜ければ順張りか。もしくは今週の月曜~火曜のようにどこかのレベルでレンジ相場を形成すれば、そこに目先のサポート・レジスタンスができてきますからそれを頼りにデイトレしていきたいと考えています。他ではやはりユーロスイスが他国から容認されるのか批判されるのか確認しながら、直接介入をしたレベル1.46付近に注目しておきたいと思います、ユーロスイスが下落をしてくる場合には当然介入警戒感から円安方向に振れやすくなるかと思います、ユーロスイスに関しては何年も前のレベルよりも1.46-1.48を単純に見ておけばよいかと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加