NEWS!
PICK UP!

米1月住宅着工件数、米1月鉱工業生産、米FOMC議事録に注目、18日のNY市場ドル円やや上向き、ユーロは上値重いまま。

19:51
こんばんは、ドル円は日米株安の影響を受けずに堅調に推移しています。92円台の後半がなかなか抜けれない展開ですが米国勢がレパトリとなれば93円台に乗ってもおかしくないですね92.75を抜ければあっさり93円まで上昇するかもしれません。米経済指標は米1月住宅着工件数、米1月鉱工業生産、米FOMC議事録とありますが予想との乖離が大きくなければあまり影響を受けないかもしれませんね、昨日あたりから米経済指標と米株価へのクロス円の反応が弱くなっています、とりあえずはGM再建計画の行方や憶測がメインテーマになりそうです。

23:50
本日はデイトレでのエントリーはありませんでした、ドル円の上昇はスキャルでとりましたスキャルピングは欧州時間で小幅負けもNY時間でリベンジ+70,900円でした。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加