NEWS!
PICK UP!

リスク管理1000回に1000回ロスカットする方法と考え方、専業トレーダーは神様に祈って待たない。

※この記事は専業トレーダーを目指す超本気派の方向けに作成しています。
USDJPY20090213日足チャート
今回は専業トレーダーを目指す方向けの「ロスカット」について解説をします。例に挙げたのはドル円日足チャートですが、わかりやすく長めのチャートで解説をしますが日々の短期トレード、5分足など短いチャートになっても考え方は同じです。まず、ドル円日足チャートをご覧ください、クリックで拡大できますがご自身のチャートでも良いかと思います。ドル円相場は8/15の高値110.68から下落をしていますが、9/16に103.53、9/30に103.49まで下落をしています。10/6にもしロングポジションを持っている場合には103.50を完全に割り込んだ時点(103.40)では必ずロスカットをする必要があります、1,000回に1,000回です。次に10/23ですが年初来安値3/17の95.67を意識して95.88まで下落したところで一旦反転しています、そして10/24に95.67を完全に割り込むと下落速度が加速し90.83まで急落しています、5円以上一気に下落したということですね。次に12/12には10/24の年初来安値90.83を更新し88.25まで急落となりました。マーケットで注目されているポイントにはプロのディーラーや機関投資家のストップロスが大量に設定されています、また皆が注目しているポイントを割り込んだ場合には新規でショートポジションが大量に建てられ急落します。

次にこの3つのポイントでロングポジションをロスカットしなかった場合をシュミレーションしていきます、まず12/12ですがこれは翌日に91.33まで上げる場面がありましたので急落時に強制ロスカットにならない限り12/13に逃げるチャンスがあったことになります。10/24に急落をした場面では2日後に98.43まで反発をしていますのでこれも逃げるチャンスがあったことになります。では10/6の下落はどうでしょう、103.50を割り込んで以降、現在に至るまで一度も103.50以上に反転をしていません、103.50でロスカットできなかったということは103.50以上のレートでロングポジションを持っているということですから、長期投資ならまだしもデイトレで投入するLot数では「立ち上がれないほどの大負け」を喫していることになるはずです。専業を目指す、トータル収支で勝ちたいというので無ければ大きなサポートを割り込んでもロスカットせずに保有するのは自由ですし、戻ってくることを神に祈れば良いと思います。しかし専業を目指すのであれば「(戻ってくることを)神に祈るようなポジション」を持ったままにしてはいけません。

初めはロスカットラインまでの値幅が多少広くても構いませんので重要なチャートポイントでは絶対にロスカットをするように練習しましょう。上記ドル円の例で落とし穴になるのは10/24と12/12には反転して「持ってれば負けてない」という現実です。ただし、これを1,000回やってしまうと必ず10/6のような「2度と戻ってこずに大負け」という日がやってきます。ここで資金のすべてを失わないためには「すべてロスカットをする」以外には方法はないと考えられます、2/14現在で言えばロングポジションを87.00を割り込んでも保有してはいけません、ここではプロなら絶対に一旦ロスカットです、下に突っ込んでも介入警戒感からおそらく反発してきます、それでも一旦切るべきなのです、85円台にまで下落して買い戻すならOKですが…これがリスク管理です。同様にショートポジションは94.65を超えたら切りましょう、上に関しては待っていれば下がってきそうですが94.65をブレイクすれば95円以上まで上昇する可能性が高いですから、どうしても売りたいのであれば94.70-75で一旦ロスカットをしたうえで、再度上げどまりを狙って新規でショートポジションを建てるべきです、それなら100円まで一気に上げたとしてもそのリスクを負わずに済みます。

※今回はわかりやすいように直近のドル円日足チャートを使用しましたが、この考え方に慣れてくれば5分足でも時間足でもチャートのポイントで毎回確実にロスカットを実行できるようになります、まずは日足でのポイントでは必ずロスカットを実行してください。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加