NEWS!
PICK UP!

NYダウ一時400ドル超の大暴落、ガイトナー米財務長官金融安定化策を発表するも実行に不透明感、好材料出尽くしで金融株売られる。

USDJPY20090210N5分足チャート USDJPY20090210日足チャート
8:13
おはようございます、10日のNY市場は予想したとおり荒れました。日本時間深夜1時~ガイトナー米財務長官が金融安定化策を予定通り発表しましたが、目新しい対策が出なかったことや「政府と民間のファンドによる不良資産の買い取り」という苦しい展開で具体的な買い取り価格などは先送りとなりやや失望感も広がりました。まとめて言えば政府が無限に資金を出し、金融機関の不良債権を切り離す「バッドバンク構想」にはコンセンサスが得られなかった。ということで民間と共同ということは事実上バッドバンク構想は振り出しに戻ったと考えてよいかと思います。これを受けて金融安定化策期待で買われていた金融株を中心に利益確定と失望の投げが入り結局NYダウは 7,888.88 -381.99 -4.62% でクローズ、日本株はまたしても「休場に助けられる」格好になりました、米株安を受けてドル円・クロス円は急落、金融安定化策発表直後には1~2分程度「円売り」が入りましたがダウの下落でクロス円は急落ポンド円は5円超の下落まで下げ幅を広げるなど軟調、ドル円はなんとか90円ちょうどをサポートされています、16日のプレジデンツデーを過ぎると先送りしていた「ビッグ3問題」が少しづつ浮上してきますのでやはりまだ株高+円安は難しそうです、ドル円・クロス円の方向感は中立に戻し目先のサポート・レジスタンスブレイクを狙ってロングもショートも柔軟に対応したいと思います。掲載した5分チャートからは1時にポンと跳ねたところがガイトナー財務長官による金融安定化策の発表時、日足からは三角持ち合いを上放れしたものの斜めのサポートを割り込んでくる場合は元のレンジに押し戻されるということで90円ちょうど付近が正念場となっています。10日は欧州時間~NY午前まででデイトレで2万ちょっとスキャルで5万3千円勝ち7万5千円ほど勝つことができました、本日は東京休場ですが欧州・NY時間で通常通りトレードします、来週16日米国休場はトレードをお休みします。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加