NEWS!
PICK UP!

来週のドル円相場は米1月小売売上高、米2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値に注目も米政府の景気対策が中心に、失望なければドル円は上値を試すか。

17:25
こんばんは、明日9日~13日に注目の米経済指標を確認しておきます。11日米12月貿易収支は反応しても一時的、2周目は12日消費関連で米1月小売売上高、13日米2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値に注目をしています。米消費関連ですが「悪いのはわかっている」ということで余程ショッキングな数字にならない限りは影響は少ないと予想しています。来週の注目材料は米経済指標よりも米景気対策で①景気対策法案の可決②銀行支援策③GSEの役割強化などの進行具合とでもいえばよろしいでしょうか、突然否決されたり、対策そのものがなくなったり、前進しない、規模が縮小など失望を誘う内容になるか、素直に好感されるかが争点になりそうです。予想としては素直に好感され株価堅調+円安を予想しておきます。いずれにしても米株価がクロス円相場に連動しますのでNYダウの動きをよく見ておきたいと思います、現状は8,000ドルを割り込めば買われるし、9,000ドルでは売られるということで1,000ドル強のボックス圏に完全に入り込んでいます「ダウ3か月チャート」このボックス圏を抜けてくるとクロス円はそれについていく展開になりますので米株価を来週も良く見ておきたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加