NEWS!
PICK UP!

わかりやすい欧州市場午前中、ドル円5分チャート解説と最近のNY市場でのトレード時間について考えてみます。

USDJPY20090204L5分足チャート
20:40
こんばんは、本日のスキャルも終了しました+26,400円でした。全取引履歴はスキャルブログでご確認ください(←かなりお暇な方へ)欧州時間午前中は非常にわかりやすい日が多いですね、毎回勝つわけではないですが過去の取引履歴をみるとほとんどこの時間帯での利益になっています。本日は東京がクローズ日経は213円高、欧州株堅調、ダウ先物前日比横ばいという環境でした。材料は本邦輸出勢の売りとそれに便乗する早出欧州勢+本邦勢という構図で5日ECB・BOEも意識したクロス円の売りもあったかと思います。ただし株価はアジア・欧州ともに堅調で「そんなにはクロス円を売り込めない」という共通認識の中、全トレーダーがほとんど同じ行動となりました。こういう時間帯はいつも勝ちやすいですね、逆にNY時間の午前中ですが悩んでいます。毎日のように違った相場で乱高下、米経済指標も「予想より悪くないが悪い」という指標が多く毎回乱高下、そもそも指標発表時のポジションの傾きさえよくわからない状態で発表された指標に対する見方もバラバラという感じが最近は多いですね。トレード的には例えばロングで入って「少しでも上がればビビッて利食い」「少しでも下げればこれまたビビッてロスカット」となってしまいがちです。ロスカットラインも乱高下するなかどこに設定していいのか難しいですね。結局乱高下が圧倒的に多いですから「持っていれば勝っていた」というケースがほとんどではないでしょうか?しかし逆に動いてロスカットせずに大きく負けた経験もみなありますからサポート割れてどんどん下げたら「何もしない」というわけにもいかないですよね、結局先ほど申し上げた「少しでも上がればビビッて利食い」「少しでも下げればこれまたビビッてロスカット」となります、これは人間ですから誰しもそうかと思います、ぜひNY時間でチャートから取りやすい時間帯というのを見つけてみたいと思います、本日はチャンスありそうならデイトレで少しと考えています。

追記:欧州時間午前中は米国が真夜中になるため突発的な米報道・指標・要人発言はほとんどでません、そういった安定感もあるかと思います。東京時間は米国が夜になるため時折とんでもないビッグニュースが出ます、直近では「米自動車救済法案の廃案など」です。これは東京時間のランチ中に廃案になりドル円・クロス円は大暴落をしています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加