NEWS!
PICK UP!

26日東京時間スキャルピング用エントリーポイントを解説、日経平均株価は最後に崩れ63円安でクローズ。

USDJPY20090126TS5分チャート
15:25
こんにちは、26日の東京時間は序盤はドル円買い優勢の展開で11:25には89.31まで上昇、12:35に89.28とダブルトップ、14:10にトリプルトップになり上値の重い展開へ。スキャル用ということでかなりミクロのトレードになりますが、ダブルトップであればネックラインになる89.08-10から89.00までにロング側の目先ストップロスオーダーが並ぶのはわかるかと思います。これを割り込めば一旦ロングは投げますし、規模は小さいですが売りも強まるポイントになりますので、14:30~ショートを叩きこめば良いかと思います、ここは日経がダレるか輸出の売りを期待する時間帯のためショートを先にエントリーし3pipsくらいづつどんどん差益をとって両建てにしています。目先のネックラインを割ればだいたい10~15pipsくらいは崩れることが多いのですが、もし崩れない場合のロスカットラインは89.20になります。2社のレート差を利用していますので、あまり極端に1業者にロング・ショートのポジションが偏らない程度に「有利なほうを叩いていく」ことで差益を積みやすいですね。今は完全に両建てになっていますので休憩をして欧米時間にまたチャンスがあれば決済していきたいと思います。

【手法概要】低スプ+レート差を利用したZERO流スキャルピング手法の概要
【使用業者】MJ(スプレッド1銭固定、3桁表示)FXTS(スプレッド0.5銭~、3桁表示)

20:56
この時間のドル円相場は89.20-89.50でどちらに行くかの揉み合い、89.50を上抜けできれば少しロングでついていけるかもしれません、89.20割れなら89円前後で揉み合いとなりそうです。

22:19
89.20を先に割れましたね、上はデイトレですが下はスキャル向けの小さなストップです89.05まで下げました。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加