NEWS!
PICK UP!

唯一の好材料か8250億ドル(約73兆円)の景気対策法案に署名・成立を目指す、オバマ大統領がラジオ演説で。

USDJPY20090123N時間足チャート
12:35
こんにちは、暗雲立ち込める世界経済ですが米国ではオバマ新大統領が「8250億ドル(約73兆円)規模の景気対策法案」に署名・成立というニュースくらいが数少ない好材料となっています。先週のドル円相場時間足を確認すると90.10→87.10まで暴落したあと、89.50-88.00のレンジに入り込んでクローズしています。26日~の週にも目立った好材料はなく、法案が可決した際にドル円・クロス円は若干の反応をするのみか。いずれにしても「どんどん円安」という環境とは考えにくい状態がまだ継続していますので「戻ったところ(特に90円台)は売り」で行こうかと思います。上サイドには09年2つの目標91.46と先週の91.30がありますので90円台でショートにしたポジションは91.30で一度ロスカットしても良いかと思います。90円台に乗ってくる場面があれば「1.3円以上のリスクはない」という前提で上がりきったところを狙ってショートにしてみたいと考えています。新しい景気対策が打ち出されないと厳しい環境が続きそうですね。逆に悪材料には事欠かない環境で企業業績の悪化が最近はテーマになっていますが、忘れてはいけない「ビッグ3問題」が2月中にはクローズアップされそうな気がしますね、国内の自動車メーカーをみてもわかるとおり「本業の復活」つまり自動車が売れるという環境が程遠いですからビッグ3問題はこの3か月で相当な悪化をしているハズです。3月末まで延命をして「改善策をだせ」という感じで終わっていますが、3月末になるまえに「資金が足りない」「3月末まで持たない」と言いだしそうで大きな火種になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加