NEWS!
PICK UP!

ブレイクアウトというよりはトレンドチャネルか、23日ロンドン時間ドル円5分チャート解説。

USDJPY20090123L5分足チャート
16:12
こんばんは、先ほどデイトレでエントリーして5pips負けたトレードの解説です。東京時間は88.50が弱いサポートになっていました、15時に88.47に来ましたのですぐに88.50でショートポジションを取りました、ロスカットは88.65に設定。動きがゆっくりなのでこのまま下げるのであれば88.60くらいで売りが出ると思いますのでロスカットはきつめで良いと思います、振れ幅が大きいときは88.70ですね。14:15-20の足で一度88.50にワンタッチしており微妙な判定、ディセンディングトライアングルというよりはただのトレンドチャネル(斜め水平のラインが引ける下げのパターン)でしたね、実際のデイトレードだと迷うときが結構あります、終わってみないと分からないため今年は可能性があればできるだけ積極的にエントリーしようかと思っています、実際このまま50銭くらい崩れることも良くありますので。時間的に輸出の売りが出ただけのようで88.35まで下落後反転しています、88.65ではまた上値が重くなり揉み合っています。ただし、決定的なブレイクアウトではないためと昨日の安値88.07も下回っていないことから、溜まっているストップも少ないので88.35-40ですぐ利益確定するか、エントリーしなくても良いパターンかとは思います。今回は特に「ブレイクアウトの騙し」ではないかと思います、単なるトレンドチャネルだっただけだと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加