NEWS!
PICK UP!

米・11月貿易収支に注目、英・11月貿易収支悪化にポンド売り加速し対円で危険水準へ、13日のデイトレ結果など。

EURUSD20090113L5分足チャート
19:55
こんばんは、13日ロンドン時間の外為市況とデイトレ結果とNY時間の予想です。13日の日経平均株価は円高とソニーの赤字などで予想していた8,500円レベル以上の下げ 8,413.91 -422.89 -4.79% でクローズ、円買いが進みました。デイトレでは「リアルタイム記事」のとおりでユーロドル1.3298ショート10Lot→1.3260で利益確定+38pips(34,800円)でした。ユーロドルは1.35を割れてから買いオーダーもあるようでなかなか一気に下落して100pips以上取れる展開にならないですね、1.33レベルのストップをヒットしてから、一旦1.3245まで下落→第2波が来るまで75分もかかっています。2回目の下押しでも1.3218までと売りの勢いもなかったですね。ちょっと「円買いと欧州通貨売り」が溜まってきたような感じもします、一節では「短期筋が株安で資金が苦しく大暴れできない」との噂もありますが、実際のところダウが4日続落で本日先物が小幅安、日経暴落と94.65からずっと円買いしていますからクロス円も「やや売り疲れ」かと思います。直近ではまた「円」がマーケットのテーマになっていてユーロドルは「ユーロ円の売り」と「ポンドの売り」にくっつくだけというのも下値が堅い要因かと思います。NY時間は米・11月貿易収支が材料ですが、NYダウが切り返すかに注目が集まりそうです、それに対しての「円」が今日もメインテーマになりそうです。
EURUSD20090113外為オンライン管理画面

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加