NEWS!
PICK UP!

15日(ユーロ圏)欧州中銀金融政策発表に注目、トリシェ総裁会見後のECBのスタンスが向こう2週間の方向感を決定づけるか。

9:51
おはようございます、今週12~16日の外国為替市場では15日に発表されるECB政策金利とトリシェ総裁会見での今後のスタンスに注目が集まっています、個人的にも非常に注目しているイベントで、来週は2週目ということで他にも米消費関連指標に注目しています。ここではECB政策金利について考えておきたいと思います。12月には3.25%→2.50%と0.75%の大幅利下げを決めたECB(ヨーロッパ中央銀行)は会見で「しばらく(このまま)様子をみたい」というニュアンスの発言、米FRBが実質ゼロ金利政策を取ったことで米欧の金利差拡大固定が決定的になりユーロドルは約2,000ポイントという驚異的な上昇をしました。その後米国のスタンスに変更はありませんが、ECBは続々と発表される経済指標の悪化とインフレ率の低下が予想されることから次第に利下げせざるをえない環境に追い込まれ、12/18に1.4715をつけたユーロドルは下落が続いています。15日は個人的には「利下げ」を選択してくると予想しています、ECBの利下げ幅とトリシェ総裁会見での今後のスタンス→据え置き観測か利下げ継続観測かで向こう2週間のユーロドルの方向性が決まってきそうですね。投資戦略としては、ユーロドルは「下げ切ったところは買いたい」と考えています、まずは12月に上昇する前のボックス圏1.24-1.30に落ち込んでしまうのか、1.3台はキープするのかに注目も1.30が近付けばスイング気味に買ってみたいと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加