NEWS!
PICK UP!

11月最終週の相場、シティ・ビッグ3問題に引き続き注目!米国感謝祭休場(サンクスギビングデー)から12月相場入りで展開に変化?

8:50
おはようございます、明日24日からの外国為替市場は11月最後の取引となります。2007年8月のBNPパリバショックから大相場が継続しましたが来月で2008年も終わりになります。2009年は世界的な景気減速が確実視され、この1年で株やクロス円の底値を探る展開になるのではないでしょうか?クロス円相場では09年金利差縮小が止まり、株価が下げ止まった際に円相場がどのような動きをするのかに注目をしておきます。新しいニュースでは米シティグループがFRBと米財務省と今後について協議しているとのことで、先日ポールソン財務長官から「不良資産を買い取らない(資本注入へ)」という発言を受け、それまでは「買い取ってもらえる」と思って損失の膨らむ金融商品をそのままにしておいたものが「どうすんだ!」ということで再燃しているものと思われます。一方GM取締役会メンバーは破産法適用申請も含む「あらゆる選択肢」を検討と報じられており、公聴会でのワゴナーCEOとは異なる見解、最近の米当局と各企業とのやり取りや法案は二転三転することが多いので再度NY時間のニュースには要注意か、デイトレとしては乱高下は望ましい展開で来週もチャンスが多そうです。季節要因としては27日感謝祭ですのでこのあたりのポジション調整も注意が必要です。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加