NEWS!
PICK UP!

米10月ISM製造業景況指数38.9、米9月建設支出-0.3%にドル売りも限定的、ダウ底堅くとりあえず大統領選待ちか。

20081103N
0:35
こんばんは、(米)10月ISM製造業景況指数38.9と2001年以来最低の結果に発表直後には98.37まで下押し、ダウが底堅くプラス圏へ切り返すとショートカバーに98.89へ→戻りを売られて98.35までで終了しています。現状ダウは20ドル以内の値動きで小幅な下げ、ドル円は98.60近辺で揉み合っています、大統領選を明日に控え動きずらい展開かもしれませんね、指標としては38.9は「非常に悪い」と言っていいと思います。NY時間はダウを見ながらのドル円・クロス円相場になりそうです、ZEROがエントリーしたポイントのチャート解説は明日の記事で解説しておきます。今週は7日(金)米雇用統計まで目が離せませんがトレードがんばりましょう!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加