NEWS!
PICK UP!

ドル円5分チャート今週の勝負どころ、完璧なエントリーから利を伸ばせなかったトレーダーに送る「ZERO流デイトレテクニック利を伸ばす新手法」を解説。

20081028L
17:55
こんばんは、今週の勝負どころです。今週は28日が勝負どころでした、ドル円5分チャートを掲載しましたのでご覧ください。まず環境から、ドル円はショートが溜まりきっている状態で94.00-10あたりにレジスタンス、この時のトレードを記事とメルマガで解説しています以下抜粋「14:30-35の足で94円を完全に上抜けましたが、この時点ではまだ様子を見ていました、明らかにストップがついたのが14:35-40の5分足で94.31まで上抜け、この戻り94.25と94.30で順張りロングとしました、94.20にもロングの指値をいれましたがこれは買えず、94.50で利益確定しています+45pipsでした。」利益確定後に96円台まで上昇し利を伸ばせませんでした。順張り派トレーダーでエントリーポイントに自信があるトレーダーの最後の悩み「利の伸ばし方」ですが、ようやく答えを見つけました。ZERO流デイトレでは「トレンド発生直後の1回目の押し目買い(もしくは戻り売り)」を基本的な勝負パターンとしています、エントリーするもう一つの条件はサポート・レジスタンスをブレイクしてストップロスを巻き込んだか?という基準でデイトレをし現在14連勝中です、悩みは「利を伸ばせていないこと」実際どのくらいまで動くかは毎回違いますし、想定するのが困難です、強い順張りトレンドについていく以上、チャートの目安があったとしても頻繁にオーバーシュートします、そこで今までのやり方、pipsによる利益確定ではなく、時間による利益確定基準で挑んではどうかと思います。順張りでトレンドを正確に捕まえた場合、最低でも15分くらいは同じ方向に力がかかります、今回も15分待てば150pipsくらい跳ねていますし、跳ねない場合でも15分くらいは利益確定ゾーンに入っていることは多いはずです。よく「ポジション取ったらしばらく見ない」でいると大きく利益が取れるように、チャートを見ているとヒヨって小さい利益をとってしまいがちです、順張りでストップを巻き込んでいく展開であれば「最低15分」待ってみることが利を伸ばす一番のデイトレ戦略、来週から実践してみたいと思います。勝率にはそれほどこだわりがありませんのでできるだけ利を伸ばしていきたいですね。

利確は「値幅」ではなく「時間」を軸に。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加