NEWS!
PICK UP!

ドル円ストップ巻き込み96.17!介入かと思わせるほどの上昇、空売り規制前倒しに日経反発、28日東京時間ドル円5分チャート解説。

20081028L
20:00
こんばんは、28日もまた東京時間に動きましたね。それではデイトレの解説から、朝方は日経平均が7000を割り込みドル円も10:10に92.64まで下押しをしています。NYダウ恒例の引けに急落で92.50まで突っ込んでいますのでいいレベルで止まった印象です。その後日経平均が空売り規制を本日からに前倒し11/4→10/28で日経平均は買い戻しが優勢、引けにかけては急上昇しドル円・クロス円もつられる展開でした。27日のNY時間でダウが200ドル以上プラスになった際のドル円高値94.15あたりは今日の上値としては意識されるポイントだったと思います、14:30-35の足で94円を完全に上抜けましたが、この時点ではまだ様子を見ていました、明らかにストップがついたのが14:35-40の5分足で94.31まで上抜け、この戻り94.25と94.30で順張りロングとしました、94.20にもロングの指値をいれましたがこれは買えず、94.50で利益確定しています+45pipsでした。その後の上げはすさまじく介入が今日あるはずもないと思いながらも「まさか」と思わせるような買い上げでした、ただし下値では非公式に介入している可能性もあると思います。マーケットでも何でここまで上がっているのかという状況だったようで、しばらく情報が来ませんでした円安方向への上昇としは早いですよね、94円台後半~95円は売りオーダーが並んでいて重いという判断で94.50で利益確定してしまいました。ここは順張りに慣れていても利を伸ばせないほど動きました。ZERO的には「タイミング」だったと思いますね、与謝野大臣からは「利下げ」発言、昨日G7共同声明で「介入」に対してマーケットも「すぐにはない」とわかっていたものの頭の片隅にありましたから、トレーダーの心理としてただのショートカバーでも「まさか」という雰囲気になって買い戻さなくていいポジションまでも巻き込んだのではないでしょうか?

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加