NEWS!
PICK UP!

バーナンキ議長証言に注目!23日のロンドン時間ドル円5分チャート解説、リッチモンド連銀製造業指数・住宅価格指数。

20080923L
17:30
こんばんは、ロンドン時間ドル円5分チャート解説です。東京は休場105.20-40を中心とした揉み合い、105.50を抜けたところからドル円ロングでエントリーしました、105.85まで押し目買いを続け約30pipsの勝ち、ここは順張り派は負けようのない相場でした。本日NY時間は23:00に(米)9月リッチモンド連銀製造業指数、(米)7月住宅価格指数があり、22:30からのバーナンキ議長証言と重なるため振り回されないよう注意が必要だと考えています。指標以降はダウと原油をみながらのドル相場となりそうです、よくわからないポジションを取って買っている分を溶かさないようにしたいですね、根拠に乏しいポジションを取らないための秘訣ですが「もし1,000Lotでも、そのポジションを取るのか?」を自問しながらトレードしています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加