NEWS!
PICK UP!

【間もなく発表!】12月米雇用統計に注目の1日!

こんばんは、間もなく注目の12月米雇用統計です。事前の予想は非農業部門雇用者数が+7.0万人、失業率4.8%となっています。個人的見解では「たいして良くなく悪くもない数字」が出ると予想しています。日経平均は昨日予想したとおり15,000円を割り込んでの「日本一人負け」でスタートとなりました。感想は「思ったほど円高にならなかった」というところです。

年初の円高に関してはまだ下落余地がありそうですが、昨日はポジションをとりました。ブログで公開したとおり、ユーロ円160円の指値がヒット、ランド円15.95で10枚買い増しをしています。この先の円高ですが、ユーロ円→158円台後半、NZドル円→80円台後半、ランド円→15円台前半までの下落の可能性を見ています。前記のレートでそれぞれ買い増しをして月末のFOMCを待ちます。ここでどのくらい円安方向へ戻せるかで今年前半のトレンドは見えてくるでしょう。全く戻せない場合は3月までは「円高」となると予想します。戻しが強ければ「3月までクロス円はレンジ」と読んでいます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加