NEWS!
PICK UP!

【03年4月以来の低水準】米12月ISM製造業景況指数を受け円全面高!

おはようございます、年明け初日の金融市場は(米)12月ISM製造業景況指数の悪化(47.7)にNYダウ13,043.96 -220.86 -1.67%でスタート、年初でこれだけ下落して始まることも久しぶりで、2008年前半のテーマ「米景気後退懸念」を象徴するような1日となりました。特に米ドル&ポンドの売りがきついです、これも前半のテーマか。

明日東京市場も取引が開始されますが、年末に大幅下落して終了したとはいえ、年末にはドル/円114円台でしたから、110円割れで明日を迎えるとなると日経平均はいきなり15,000円割れが考えられますね。日本の株式市場は①米国の景気後退②原油高③円高のトリプルパンチで当面軟調に推移しそうです。

10:21

そんな悲壮感漂う金融市場ですがポジションを軽く取り始めました「ユーロ/円 買 1枚 160.87」です。来週にかけて160円割れであれば150円台でも1枚ずつ拾っていきます。その後はFOMCでの利下げに期待して利益確定できればと思います。強烈に円高が進行した場合はそのとき考えます、とりあえずはユーロ円を買い下げ。

※指値→ユーロ円160,159に1枚ずつ買い指値入れておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加