NEWS!
PICK UP!

EU首脳会議、移民・難民問題で合意。米5月コアPCEデフレーター+2.0%に達する。引続き米貿易摩擦問題、米重要指標を確認する1週間か?

20180702NYダウ先物日足チャート
29日は円買い+ドル買いに傾いていたポジションが一気に巻き戻しました。最初のきっかけになったのはEU首脳会議で、移民・難民問題合意報道でした。これでメルケル政権が連立崩壊を免れたとの安心感が広がり、ユーロが買い戻されています。その他、FRBが目安としている米5月コアPCEデフレーターは+2.0%(予想+1.9%)で目標を達成しています。

円買い+ドル買いの巻き戻しが予想外に大きかったため、短期投機筋には相当なダメージになったと思われます。かなり負けたのではないでしょうか?なかなかトレンドにならず難しい相場になっています。材料よりも単に月末絡みの動きだった可能性も考えられます。

今週は引き続き米貿易摩擦問題と、米雇用統計までの重要指標を確認する1週間になりそうです。基本的には円買い+ドル買いで攻めたい参加者が多いと思われますが、難しい相場になりそうです。結局のところリスクオン・リスクオフの、どちらにも動かないのかもしれません。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero