NEWS!
PICK UP!

BOE10年ぶり利上げも次回以降のペースは遅い。市場はポンド売りで反応、ポンドドル1.30台、ポンド円148円台へ下落。次期FRB議長はパウエル氏。

20171103ポンドドル5分足チャート
2日はBOE金融政策イベントに注目が集まりました。結果は市場予想通り0.25%→0.50%へ約10年ぶりの利上げ。利上げ決定は7VS2、カンリフ副総裁とラムスデン副総裁が反対。追加利上げペースは極めて遅く、2019年・2020年に1回づつの見通し。

市場の反応は予想通りだったものの、利上げを受け一瞬ポンド買いで反応する場面がありました。その後は、追加利上げに慎重なことを確認すると、ポンド売りが優勢となり、ポンドドル1.30台、ポンド円148円台へそれぞれ下落しました。

今のところ主要中銀の金融政策は、米国が緩やかな利上げサイクル入り、次いでカナダが利上げサイクル入り、英国が3番目に利上げサイクル入りしたものの、いずれも(特に米英は)緩やかな利上げが予想されています。残るユーロは来年テーパリング、豪は金利据え置きとなりそうです。

次期FRB議長には、有力視されていたパウエル氏に決定。市場は織り込んでおり、反応は限定的でした。

今晩は米10月雇用統計や米10月ISM非製造業景況指数が発表されますが、個人的には5~14日トランプ大統領アジア歴訪に興味があります。

無事に全日程を終えれるか注目しています。想定外の事件が起きた時にはリスク回避=円高で反応するでしょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加