NEWS!
PICK UP!
       
最新記事 為替&株式・動画解説

(豪)RBAキャッシュターゲット、(米)8月ISM製造業景況指数、ハリケーン(グスタフ)、福田首相辞任で金融市場も混乱!

8:00
おはようございます、今日は材料の多い一日ですね。通常であれば23:00(米) 8月ISM製造業景況指数に最も注目が集まりますが、個人的には(豪) RBAキャッシュターゲットですね。2日利下げとなれば豪準備銀行(RBA)としては実に7年ぶりの利下げとなります、年内6.75%まで1年で6.25%までの利下げを予想するエコノミストが多くなっています。豪ドルに対する個人的な見解は「そうはいっても豪ドル」で利下げのサイクルさえ終了し、インフレターゲットに再度目が向けば米・英よりは回復が早いと考えるべきで来年あたりは豪ドルの買い場がありそうです。今日のドル円デイトレ戦略ですが、不確定な要素が多く1日150pips以上勝ちましたので東京時間は見送りロンドン・ニューヨークで動きがあれば軽く参戦したいですね14:00までは見送り、最近深刻な運動不足なので「散歩して何かおいしいものを食べたい」と考えています。今週は108.00のストップを昨日つけたことで一番おいしい勝負が済んだと考えています。108.00は単なる大台割れではなく、中期的なロングのストップが溜まっていた重要なポイントでしたので。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

福田首相辞任!?NHK報道にドル買い戻し優勢、日米ともに選挙に揺れる秋の金融市場。

22:15
こんばんは、今福田首相が辞任を表明しました。この会見により売り込まれていたドル円・クロス円の買い戻しが優勢になっています、一応日本に対する不安材料という受け止め方だと思います。NY市場お休みですが2日~5日の4日間は米重要指標が目白押しで一喜一憂となりそうです、日米選挙や世界的な景気減速、原油先物、地政学リスクと波乱要因満載です。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円108.00割れ!ストップつけ107.60へ先週からの予告通り150pips以上の勝ち1日のチャート解説。

20080901
17:20
こんばんは、今日は大きく勝ちました。主なエントリーポイントは赤い□でマーキングしています。すでに利益確定してポジションはスクエア、朝との合計で150pips以上の大勝ちとなりました、NY市場はお休みのため1日のデイトレはこれで終了します。先週からの予定通り、108.00割れでかなりショート買い増ししました。15:30にやや大きな陰線がでたところで下押しして来そうな感じはありました。今日は「やや逆張りになっても」と108.50から上ではずっとショートにしていたので108円割れで大きく勝つことができました、主な買い増しは本日安値を更新したところ108.12と、108.02あたりで一応戻りの107.85も取りました。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

今週はドル円戻り売りを基本戦略に108.00円割れなるかに注目!最近は強い米指標を逆利用。

10:20
おはようございます、今日は米国がレイバーデーで休場です。ドル円結構動いていますね、今日はドル円の戻り売りをひたすら行い、108.35の時点ですべて利益確定+ロスカットも行いスクエアとなりました、結果46pipsのプラス。またドルが戻した場合と108.00を割れるときにはショートでポジションを取って行きます。若干逆張りに近い状態を懸念もしていますがドル円をロングにはできないですね。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(米)8月ISM製造業景況指数~雇用統計まで米重要指標目白押し!1日米国休場(レイバーデー)

18:10
9月相場入りですね、来週1日~の外国為替市場は1日米国休場(レイバーデー)でお休み、実質2日夜からとなりますが濃い1週間となりそうです。米国経済指標では2日(米) 8月ISM製造業景況指数、3日(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)、4日(米) 8月ADP全国雇用者数、(米) 8月ISM非製造業景況指数、5日(米) 8月失業率、(米) 8月非農業部門雇用者数に注目をしています。ドル円は米経済指標、ダウと原油の動向に振らされる荒っぽい展開を予想しています。ポイントは108.00-10を割り込んで下のレンジへ落ちてくるのか?に注目、最近米経済指標が軒並み良いことからドル上昇の局面では109円台後半~110円台では戻り売りスタンスで考えています。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero
NEWS!