NEWS!
PICK UP!

米中貿易戦争懸念高まる!ダウ248ドル安、ドル円106円前半。選挙が近づくと発言が過激化するトランプ大統領。

20180315ドル円日足チャート
14日に発表された米2月小売売上高は-0.1%(予想+0.3%)、除自動車+0.2%(予想+0.4%)と予想を下回りました。

トランプ大統領はコーンNEC委員長辞任に続き、ティラーソン国務長官を解任し、今度は中国に対し貿易赤字1,000送ドル削減を要求しました。

米中貿易戦争懸念が高まり、ダウは248ドル安で続落、ドル円は106円付近まで下落する場面がありました。鉄鋼・アルミニウム関税に続いて、EU・中国とも貿易戦争を始める構えになっています。

米大統領選前にも暴言王と言われ、保護主義的な過激発言が目立ちました。昨年は鳴りを潜めたものの、11月に中間選挙を控えて再び過激な発言が目立つようになりました。

高官人事に関しては、政策が決まるまでの議論は良いが、一度決まったら速やかに行動せよというスタンスのようです。

ドルインデックスは89ポイント台で膠着状態。ドル円・ユーロドルも膠着状態に入っています。来週のFOMCへ向けた動きと、FOMC結果を受けた動きに注目です。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero