NEWS!
PICK UP!

北朝鮮問題と為替相場、対北制裁は第2段階へ、攻撃できない?トランプ政権、反撃という先制攻撃の4本立て。

【北朝鮮問題と為替相場】

・経済ニュースにも北朝鮮に関する報道が連日で出てきます。近く何らかの結末に至るのか?それとも現状維持のまま何年もいってしまうのか?

万一の時には、株式市場や為替市場を揺るがす大事件となりますから、解決まで成り行きを見守っていく必要がありそうです。

為替市場は北朝鮮有事の反応は「リスク回避の円高になる」と予想しています。それも非常に激しい円高が予想されます。最終的にはG7協調介入に至ると思われます。

※北朝鮮有事の初期反応→超円高と予想。

【対北制裁は第2段階へ】

・トランプ政権は、米中首脳会談中(4月)にシリアにミサイルを発射するとともに、習主席に問題の解決を依頼しました。しかしながら成果は上がらず、北朝鮮は7月に入り2度のICBM発射実験に踏み切っています。

専門家は「新しい段階に入った」と見ているようです。トランプ政権は中国に任せることを諦め、北朝鮮を相手にする第3国への制裁(セカンダリー制裁)に乗り出す模様。

経済制裁で解決できない場合、核保有を認めるか、軍事力行使による排除の2択になりそうです。ティラーソン米国務長官は1日、北朝鮮と「いずれかの時点で対話したい」と表明しました。

対話の条件として核兵器・ICBMの放棄を協調しています。北朝鮮は「米国本土に届く核兵器」を保有した上で交渉するのが目標と考えられています。

廃棄で交渉というスタンスの米国と、保有して交渉というスタンスの北朝鮮との距離は、かなり開いているように見えます。

【攻撃できない?トランプ政権】

・ソウルには米国人が多く暮らしており、仮に避難させれば先制攻撃を悟られてしまう。いずれにしても「反撃能力のある北朝鮮への先制攻撃は出来ない」というのがコンセンサスのようです。

短時間に無力化できる自信があっても、軍事力行使はトランプ政権にとってあまりにリスクの高い選択に見えます。もしソウルで死者が出た場合、政権への打撃は計り知れないものになりそうです。

日本にとっては、軍事衝突が起きずに解決するのが、ベストシナリオなのは間違いありません。米国にとって一番都合がよいのは「(何が起きても)北朝鮮が悪い」という方向へ持っていく事では無いでしょうか。

ティラーソン長官の発言は、米国は対話したいと言いながら、おおよそあり得ない条件(核兵器・ICBMの放棄)を付けています。「米国は対話したいのに、北朝鮮は核兵器・ICBMの放棄をしないから、何が起きてもあっちが悪い」と外堀を埋めるような発言にも聞こえます。

【反撃という先制攻撃】
・個人的には経済制裁の強化により、政権が転覆したり、核・ミサイル放棄の交渉に応じてくれるのが一番かと思いますが、米国のベストシナリオは「全て北朝鮮に責任を押し付ける作戦」では無いでしょうか。

軍事作戦は10個はあると言われておりますが、現状北朝鮮はミサイル発射実験を頻繁に実施しています。

連続で失敗し、北朝鮮領内に落下したケースまでありました。仮にこれが韓国領内に落下していたら大変な事です。

普通に先制攻撃をして韓国で被害が出た場合、米朝戦争に勝っても韓国の反米感情は高まり、反米国家になってしまうかもしれません。

北朝鮮が抑止の核兵器を保有しても、中国や韓国が狙われることは考えられず、韓国にとって(米軍の攻撃)は、余計な迷惑です。

このような状態ですから、北朝鮮が発射実験に失敗したように見せかけて、韓国領内に落ちてしまったり、潜水艦からの発射実験を装って、米軍が韓国にミサイルを発射するなどの偽装をするかもしれません。

北朝鮮が危ない実験を繰り返し、誤って韓国に落下して被害を出してしまった→反撃・報復という作戦もありそうです。

これだと、開戦と同時にソウルにいる米国人の避難を開始しても(遅いと)責められませんし、報復であれば韓国が反米国家になるのも防げます。不測の事態が起きて開戦した場合、それは本当に北朝鮮の仕業なのか?

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英スーパーサーズデー今晩20:00ポンド相場に注目集まる!ユーロ円が強い動き、他のクロス円は揉み合いへ。ダウ6連騰など。

20170803ドル円日足チャート
2日はアップル好決算を受けた株買い以外には目新しい材料のない1日でした。今晩20:00は一時的にポンド相場に注目が集まりますが、それ以外は新規材料に乏しくなりそうです。

明日の米7月雇用統計を通過すると、いよいよ夏枯れ相場に入ります。8月後半になると9月の主要国金融政策に関心が向かうでしょう。

一見すると「つまらない時期」となりますが、株買いや円売りポジションが溜まっているため、今年のお盆休みは注意が必要でしょう。

本邦機関投資家や海外勢も夏季休暇に入り、マーケットが薄くなる中で仕掛け的な売りが出てきそうです。裏を返せば「平時には売り崩せない相場」とも言えます。

日経平均は小動き記録を継続しており、すでに歴史的長さになっています。長過ぎる持ち合いは秋相場での波乱を予感させます。大きく動くのを待って、動いたら積極的に差益を狙いたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウ5連騰も円安加速せず!投機円ショート12万枚超が重しか?リスクオン継続、アップル好決算、米長期金利上値重い。

20170802ドル円日足チャート
1日のドルは小戻しとなったものの、基本的に米株高+米ドル安の流れが続いています。円安は止まっているものの、金融市場全体はリスクオン状態です。

株高リスクオンでも円安が加速しない原因は、IMM投機円ショートが12万枚超まで溜まっているためかと思います。かと言ってリスクオンの状態で円高にもならないですから、円は持ち合いやすい環境でしょう。

今後リスクオン→リスクオフへの変化が起きれば円高、起きなければ持ち合いを予想しています。

米7月ISM製造業景況指数は56.3(予想56.4)と予想とほぼ変わらず。前月の57.8からは低下しています。NY引け後には米アップルが好決算を発表しています。

世界的に企業業績は空前、にも関わらず低インフレで利上げペースは鈍化しそうということで、株式市場には追い風となっています。

週末米7月雇用統計を通過するまでは、新たなリスク要因は意識されにくいでしょう。材料に乏しくなる来週以降に注目しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日、米アップル決算に注目集まる!米7月ISM製造業景況指数~重要指標が目白押し。ドル安主導でドル円110円台前半。

20170801ドル円日足チャート
31日のドル円は下落。110円台前半で推移しています。今年7カ月は「ドル安」となり、ドルインデックスは92ポイント台まで下落しています。

トランプ政権は重要な政策すべてに失敗している印象ですが、為替だけは望んでいたドル安方向へ動く結果となりました。皮肉にも失策に次ぐ失策が、ドル安を後押ししています。

企業業績も好調で、ダウは史上最高値更新を続け、ナスダックは利食い売りが交錯し、やや高値波乱のなか注目のアップル決算を迎えます。

日経平均は過去2か月ボラティリティが潰れており、前日比1.0%以下の値動きが続いています。世界的なボラティリティ低下と、日銀の過剰ETF買いが要因。この状態が長引くと証券業界から悲鳴が上がって来そうです。

今晩は米7月ISM製造業景況指数を筆頭に重要指標が多く発表されます。明日早朝には米アップルが決算を発表する予定になっており市場の注目を集めています。

売り手は材料に乏しくなる来週以降に出番があるかもしれません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップル、エヌビディアなど米ハイテク企業の決算に関心集まる!夏枯れか?大波乱か?IMM円ショート12万枚超の高水準。

20170731ドル円日足チャート
先週末のドル円は110円台後半へ下落、ユーロドルは堅調で1.17台半ば、ドルインデックスは93ポイント前半まで下落しています。7月は米株高+米ドル安という相場でした。

6月末から囃された円キャリー取引によって、最新のIMM円ショートは12万枚超まで膨らんでいます。

今週は米アップルが決算を発表する予定になっており、投資家の関心を集めています。その他、エヌビディアなど米半導体大手の決算が続いていきます。

米企業決算はここまで好調で、この先も波乱が無ければ夏枯れ相場となりそうです。予定されている材料に乏しくなる中、一昨年のチャイナショックのようなリスク要因が浮上するかどうかがポイントになりそうです。

何かが起きればリスク回避の円買い、何も起きなければ9月の主要国金融政策へ徐々に関心が向かいそうです。材料に乏しくなる米7月雇用統計(8/4)以降~お盆休み中の一時的な波乱に期待。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加