NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC→2023年末まで0%近辺の金利を維持。序盤上昇していた株価は反落、サプライズはなし。豪ドル円76円後半、日足50日線迫る。

20200917豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

16日の米国株はまちまち、NYダウ36ドル高(+0.13%)、ナスダック139ポイント安(-1.25%)でした。為替市場はドル安に歯止めがかかりました。

FOMCでは市場予想通り「2023年末まで0%近辺の金利を維持する」としています。序盤上昇していた株価は反落して引けました。

経済指標では、米8月小売売上高0.6%(予想1.0%)、除く自動車0.7%(予想0.9%)と予想を下回っています。

FOMCを通過したことで、11/3米大統領選挙まで目立ったイベントはありません。

短期投資家は、米大統領選挙前のタイミングで利食いに動いてくるはずです。同時に新規に株を買いづらい時期に入って行きます。

全体的な地合いが悪化する中、きっかけが出てくれば一気にリスク回避方向へ相場が崩れる可能性が高まります。

10月の大幅なリスク回避に期待して豪ドル円ショートを持ち続けます。目先は日足50日線をサポートできるか注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero