NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ECBパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)6,000億ユーロ増額、2021年6月末まで延長。事実上は無制限緩和+ゼロ金利政策。

20200605ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

4日の米国株はまちまち、NYダウ11ドル高(+0.05%)、ナスダック67ポイント安(-0.69%)でした。為替市場はユーロ高。

ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)6,000億ユーロ増額、2021年6月末まで延長を決定。これが好感されました。

今回、増額+期間延長を行いましたが、必要になれば無制限に増額し無期限に延長することが目に見えています。

FRBや日銀も事実上の無制限緩和+ゼロ金利もしくはマイナス金利政策をとっています。加えて、各国政府の財政拡大にも歯止めがかかりません。

結局、政府も中央銀行も永遠と資金供給を続ける見通しです。このような環境では「資金供給が出来なくなること」だけがリスク要因ではないでしょうか?

資金供給が出来なくなるケースは、具体的には物価が上昇した時でしょう。

基本的に不景気で物価は上がることはありません。何らかの要因で世界的な供給不足が起きないか?注目しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero