NEWS!
PICK UP!

米英仏シリアへの軍事攻撃完了!日米首脳会談(17~18日)、米3月小売売上高、米企業決算に注目。

20180416ユーロドル日足チャート
先週末は米英仏によるシリアへの軍事攻撃が行われたものの、米マティス国防長官は「1回限りの攻撃」と話しており、緊張感が和らいで週明けを迎えました。

前回2017年4月米中首脳会談中に実行された攻撃と同様、如何にも偽物の攻撃という雰囲気が漂いました。今回も恐らく事前にミサイル発射前をロシアに通達していたと思われます。

市場も「茶番」と受け取ったのではないでしょうか?英国の元スパイ毒殺未遂も同様で、共通しているのは「ロシアが悪い」という方向への誘導に見えます。

最新4/10付けIMMポジションでは、ユーロロングが147,463枚まで膨らんでおり、さすがに買われ過ぎの印象。投機筋のユーロ買い余力が乏しい中、ユーロドルが上昇できるのか疑問。

直近のポンドはユーロより強い動きをしていますが、念のためポンドドルの買いは利食いました。本日は米3月小売売上高、米企業決算が材料になりそうです。

今週前半に開催される日米首脳会談(17~18日)にも注目しています。市場としては北朝鮮関連よりも、貿易・為替関連に関心が集まりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero