NEWS!
PICK UP!

FXデイトレードで勝てるようになるまでの手順、勉強・研究の進め方などを再確認し一緒に上達を目指しましょう!

※この記事は専業トレーダーを目指す超本気派の方向けに作成しています。
※この記事はFX投資歴3年以上の上級者以上向けに作成しています。

FXを3年以上続けている方や専業トレーダーを目指している方であれば、すでに多くの敗戦経験を積んでいるはずです。全資産強制ロスカット、スワップ運用口座の強制ロスカット、暴落時のナンピン買い破たんなど「立ち上がれないほどの敗戦」を誰しも経験しているハズです。これは人間であれば当然、特に株式投資のイメージからか「値ごろ感で買う(または売る)」というのは人間の習性ともいうべきもので最初は誰しも経験することかと思います。このページでは比較的FX投資経験の長い方を対象にしていますので、上記経験はあることを前提に進めていきます。その後、何度も強制ロスカットなどを味わい現在はトータルをプラス収支に持っていけてる方、なんとか年間収支がプラスマイナス0に持っていけてる方、依然マイナス収支の方とそれぞれかと思います。それでは勝てるようになった方も、負けないまでも伸び悩んでいる方も、一向に勝てる気配のない方も、ここで一緒に「FXデイトレードで勝つためにどのように考え行動していけば良いか」言い換えると今何をどのように学べば成績が良くなるかを考えてみたいと思います。

まず、絶対に確認しておきたい不変のゴール(最終目標)は「トータルで勝つこと」です。これは何回もブログで書いていますのでご理解されている読者の方も多いかと思います。この「トータルで勝つ」ことが常にゴールであり、これを達成するためにすべてのノウハウ・プロセスが組み立てられますし、存在しています。長く投資をやっている方には「当り前のこと」ですが、何回でも再確認したいと思います。次に最終目標は確認できたところで「どこから始めたらよいか」「今なにを勉強したらよいか」を考えてみます。前提としてFX投資では、最終目標さえ達成すればそのプロセスは問いませんし、正しい答えが複数存在している世界でもあります。ここではZEROが考えるゴールへのプロセスであり、勉強の進め方であることは事前にご了承ください。これが唯一絶対の正解ではないですし、私自身も今この位置にいます。では「私が今やっていること」を中心にお話します。

FXトレードをする際の手順は大きく分けて2つの動作「エントリー」→「決済」の繰り返しです。これは短期・中期・長期問わずにポジションを建てて→クローズするという動作になります。エントリーを細かく分類するとロングorショート、決済は利益確定or損切りとなります。この中でまず最初に極めなければならないのは「エントリー」と「損切り」です。「利益確定」に関しては後回しで問題ありません、もちろん考えても良いです。絶対に欠かせないのはまず「エントリーと損切り」であることを認識してください。FXデイトレードではこの2つの「精度」が勝敗を分けます。現在あなたが取り組むべきことは「エントリーと損切り」の精度を極限まで高めることです、これに最低3年は取り組んで良いと思います。ただし、3年もつらい思いをするのではなく、エントリーと損切りを極めるだけでトータルでは勝てます。私自身これを極めたとは言えず、現在も日々精度を上げるべく努力をしている最中ですがトータルでは長期間にわたって収支がプラスになっています。そのくらいエントリーと損切りが重要ということだと思います。

よくFX書籍などに書いてある「自分のシナリオを持ってトレードする」とか「売買戦略が重要」という言葉が書いてありますが、これを考えてみましょう。例えば、損切りラインを常に15pipsに決めているとします。利益確定目標も15pipsに決めているとします。ならばエントリーした瞬間にその勝負は終わっているのではないでしょうか?こうした例からもエントリー前に「どのような条件下でロングで入るのか、ショートで入るのか」、実際にロングで入ったと仮定して「どこでロスカットするのか」が先に決まっていなければなりません。これが売買戦略であり、シナリオを持ってトレードするということになります。利益確定ラインはぼんやりでも構いませんので、必ずロスカットラインを決めてからエントリーをします。これをしないとどうなるのかを具体例で説明すると、ドル円が上昇しそうだからまずロングで入る→思ったとおりにならずに下げ始めた→大分含み損が膨らんできた→どうしよう、損切りかこのままホールドか→戻るかどうかを考える→人間は自分がロングで捕まっていれば上がる材料を探しますし、またそれを神に祈るものです。時には上がると書いてある記事や見解を探してほっとしたりします。これが「事前にシナリオのない取引」です。

自分で決めたルールを守れるかどうかという話は別として、まずロスカットラインを決めてからエントリーしましょう。例え決めたロスカットラインが守れずに動かしてしまったとしても、この後に残るのは「なぜ守れなかったのか、守るにはどうすれば良いのか」を次は探していけば良いことになります、事前の売買戦略がなければここまでも進むことができません。必ずエントリーと損切りラインはセットで考え、ロスカットしようと思うラインがあまりにも遠い時にはその分がリスクになります。逆にロスカットラインが近い時にはリスクの少ないトレードになります。長くなってきましたのでまとめます。まず、FXデイトレードで一番やらなければならないこと、極めなければならないことは「エントリーと損切り」です。これがどの程度できているかを測るひとつの基準として個人的感想ですが、「エントリーと損切りを極めるだけでトータル収支はプラスになります」、トータルがマイナスであればまだこの2つを磨いていく必要があり、やればいいことは簡単です。エントリーの仕方と損切りラインの設定方法に関して、つまり具体的な戦術論に関しては日々のトレードの中で「エントリーした理由や損切りラインの設定場所」を公開するようにしていますのでそちらをご覧ください。ここでは「FXデイトレードで勝てるようになるまでの手順」としてまず何を極めれば良いのかを解説しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加