NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ドル円136円前半。米6月消費者物価指数CPI、米6月小売売上高、米金融大手決算に注目!米企業決算一巡後は夏枯れ相場へ。

20220711ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

8日の米国株はまちまち、NYダウ46ドル安(-0.15%)、ナスダック13ポイント高(+0.12%)でした。為替市場は方向感が定まらない1日でした。

ユーロドルは連日で20年ぶり安値を更新し、一時1.0073まで下落する場面があったものの、週末+米雇用統計というタイミングで買い戻されました。

日足チャート足型は長い下髭となったものの、以前のサポート1.03台前半や、50日線・雲の下限を回復するには至っていません。

最新7/5時点のIMM円ショート54,445枚、ユーロショート16,852枚となっています。投機ポジションの極端な傾きはありません。

今週は13日(水)米6月消費者物価指数CPI、15日(金)米6月小売売上高や、米金融大手決算の発表を予定しています。

米インフレや米個人消費の動向がFRBの金融政策に与える影響を見極める1週間となりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero