NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米9月消費者物価指数、FOMC議事要旨に注目!ドル円113円半ば、ユーロドル1.15前半。米企業決算-インフレと供給制約で見通し暗いか?

20211013ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

12日の米国株は下落、NYダウ117ドル安(-0.34%)、ナスダック20ポイント安(-0.14%)でした。為替市場は円安+ドル高。

これから米企業決算シーズンを迎える中、インフレと供給制約が先行き見通しに与える影響が懸念されています。

供給制約は年末まで解消されそうになく、企業業績の見通し悪化に株式市場が耐えられるかに注目が集まります。

FRBクラリダ副議長は、テーパリングについて「まもなく正当化される」と発言し、11月FOMCでの開始を示唆しました。

FRBはテーパリングを進めつつ「利上げは急がない、遠い」との見解を示し続けるでしょう。

今晩は米9月消費者物価指数、FOMC議事要旨に注目しています。ドル円113円半ば、ユーロドル1.15前半。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero