NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ワクチン相場どこまで?ポンド堅調、円軟調。FRBクラリダ副議長発言、FOMC議事録など。本邦1-3月期GDP速報値に注目。

20210518ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

17日の米国株は下落、NYダウ54ドル安(-0.16%)、ナスダック50ポイント安(-0.38%)でした。為替市場はポンドやカナダドルが堅調、円やドルが軟調。

市場では米国のテーパリング(量的緩和縮小)がいつになるか関心が高まっています。今後もインフレ関連・雇用関連指標に一喜一憂となりそうです。

ワクチン格差相場が継続しており、接種で先行したポンドが堅調。接種遅れの円や日経平均が軟調となっています。

本日は本邦1-3月期GDP速報値、明日の夜中にFOMC議事要旨が発表されます。日米GDP格差、米テーパリング時期が材料になりそうです。

投資戦略は基本的に円売り、クロス円が買われ過ぎれば利食いによって調整の繰り返しになるでしょう。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero