NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米10年債利回り1.65%、ドル円109円後半。ポンド反落、円全面高。明確な材料ないが、これまでのポジション巻き戻し。

20210407ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

6日の米国株は下落、NYダウ96ドル安(-0.29%)、ナスダック7ポイント安(-0.05%)でした。為替市場はドル安+円高。

米10年債利回りは1.65%へ低下、ドルが下落しました。円とユーロが反発し、ポンドが反落。これまでの巻き戻しが起きました。

4月後半に本格化する米企業決算を控えた調整か、イースター休暇に絡み薄商いで売り仕掛けとなったのか、はっきりしません。

株式市場も為替市場も債権市場も、長期トレンドに変化はないものの、短期的には巻き戻しとなりました。

先週末の米3月雇用統計、週明けの米3月ISM非製造業景況指数が極めて強い結果だったにも関わらず、米長期金利の上昇やドル買いは起きませんでした。

先週末時点で既にドルロングの利食いが始まっていたと考えられます。強い米雇用統計→ISM非製造業指数を受けて上がらず、力尽きて反落した格好。

ドル以外でも円とユーロが買われ、ポンドが下落しました。こちらも短期的な巻き戻しの動き。市場は次の手がかりを待っています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero