NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米1月ISM非製造業景況指数58.7、米10年最利回りは1.139%へ上昇、WTI原油は55.95ドルへ上昇。FRB「2023年まで低金利維持」は非現実的。

20210204ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

3日の米国株は前日比ほぼ変わらず、NYダウ36ドル高(+0.12%)、ナスダック2ポイント安(-0.02%)でした。為替市場では欧州通貨が軟調。

経済指標は、米1月ADP雇用統計17.4万人増(予想4.9万人増)、米1月ISM非製造業景況指数58.7(予想56.8、前回57.2)と強い結果でした。

1日に発表された米1月ISM製造業景況指数も58.7ポイントとなっており、企業のセンチメントは強気な状態が保たれています。

米10年最利回りは1.139%へ上昇、WTI原油は55.95ドルへ上昇、VIX指数は22.91へ低下しました。

米ビッグテック(GAFAM)決算が出揃いましたが、巣篭もり需要もあり軒並み増収となりました。

夏にパンデミック終息となれば、落ち込んでいた飲食業界や航空業界への需要も戻って来そうです。

雇用が落ち込んでいるものの、現時点の米重要指標を見る限り、FRBが公言している「2023年まで低金利維持」は非現実的に見えます。

遅くとも2022年中にテーパリングや利上げが必要になりそうな勢いです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero