NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

NYダウ3万ドル突破!為替はドル安+円安。官製バブルで資産価格が軒並み上昇、株価・不動産・ビットコインなど↑デフレなのに現金↓

20201125豪ドル米ドル日足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株は上昇、NYダウ454ドル高(+1.54%)、ナスダック156ポイント高(+1.31%)でした。為替市場はドル安+円安。

COVID-19ワクチンによる実体経済の正常化期待、バイデン政権への移行開始、ハト派イエレン前FRB議長を財務長官に指名報道が好感されました。

日々のニュースから買い材料が出て株高になっているように見えますが、実際は未曾有の金融緩和+財政出動による官製相場が資産バブルを起こしています。

大量の資金供給が株式市場、不動産市場〜暗号通貨市場にまで流入しています。こうなると売り要因は年金筋等のポートフォリオ・リバランスのみです。

世界中の長期資金運用機関は、直近の株価大幅高を受けたリバランスに動く必要があります。保有株の一部を利食って、膨らんだ部分を調整します。

経済誌が毎年報じる翌年の株価見通しは、11月後半には取材が行われるため「極めて強気」という予想が並ぶでしょう。

11月時点では、COVID-19ワクチンによる実体経済の正常化期待+未曾有の金融緩和+財政出動がテーマになっているためです。

株価が大きく崩れる可能性は低いものの、米大統領選挙の行方次第で1月相場は波乱となる可能性があります。

1月20日に次期大統領が就任するまではよく見ておくべきです。経済指標は、米11月CB消費者信頼感指数96.1(予想98.0)と予想を下回りました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero