NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

株式市場はワクチン期待相場でバリュー株シフト。為替市場はポンド高。米Appleが自社製シリコン「M1」搭載のMacを発表。

20201111ポンド円日足チャート

(出所:外為オンライン

10日の米国株はまちまち、NYダウ262ドル高(+0.90%)、ナスダック159ポイント安(-1.37%)でした。為替市場はポンド高。

株式市場はワクチン相場となっており、バリュー株へのシフトが継続。前日に続きNYダウ上昇+ナスダック下落となりました。

為替市場ではポンドが堅調。円は安値圏で下落一服となっています。ポンド円、豪ドル円あたりが堅調。

米Appleは、自社製シリコン「M1」を搭載したMacを発表。今後も販売価格の引き下げを目指し、脱Intelへ向かうようです。

来年4月くらいにはCOVID-19ワクチンが行き渡る公算から、2021年4月以降に経済活動が戻った場合、インフレ指標に大注目です。

FRBは2023年までの低金利や、インフレ率が2%超でも容認するオーバーシュートコミットメントを発表してますが、2%を超えて上昇が続いていく場合には、金融引き締めへ舵を切るしかありません。

COVID-19パンデミックから実体経済が正常化するタイミングと、正常化以降のインフレ指標をよく見ておきます。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero