NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米7月コアCPI(前年比)+1.6%、デフレ圧力強い中でも上昇。金融緩和+財政出動による過剰流動性が鮮明に。円安+株高止まらず。

20200813豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

12日の米国株は上昇、NYダウ289ドル高(+1.05%)、ナスダック229ポイント高(+2.13%)でした。為替市場は円安。

モデルナは米政府へ1億回分のワクチン供給で合意しました。米民主党の副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員が選ばれたことも好感されました。

とは言え、株高と実体経済の極端な乖離は金融緩和と財政出動によるもの。

デフレ圧力が強い中でも、米7月コアCPI(前年比)は+1.6%(予想+1.1%、前回+1.2%)と強い結果でした。

パンデミックが終息すればインフレが加速する懸念があり、インフレが加速すれば金融緩和を継続できなくなります。

まだまだパンデミックの終息は見通せませんが、来年は日米のコアCPIに注目していきます。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero