NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

英ポンド上昇、英とEUの通商交渉進展期待で。NYダウ396ドル安、感染再拡大と連銀総裁の慎重発言。豪メルボルンが再ロックダウン。

20200708ポンドドル日足チャート
(出所:外為オンライン

7日の米国株は下落、NYダウ396ドル安(-1.51%)、ナスダック89ポイント安(-0.86%)でした。為替市場はポンド高。

英とEUの通商交渉進展期待を背景にポンドが買われました。ユーロは株価の下落とユーロポンドの下落が重しとなりました。

米株式市場は、感染再拡大とメスター、ボスティック連銀総裁の慎重発言を受けて反落。

オーストラリアでは、第2の都市メルボルンの感染再拡大を受け、6週間の外出規制導入が発表されています。

為替市場は全体的にはレンジ相場が続いており、次のきっかけ待ちとなっています。ユーロはEU復興基金関連に注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero