NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米連邦退職貯蓄投資理事会(FRTIB)中国企業への投資を見送り。トランプ政権の意向に沿った格好。パウエルFRB議長→米経済の長期低迷示唆。

20200514ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

13日の米国株は下落、NYダウ516ドル安(-2.17%)、ナスダック139ポイント安(-1.55%)でした。為替市場は円高+ドル高。

米連邦退職貯蓄投資理事会(FRTIB)は中国株を含む指数への投資を見送り。トランプ政権の意向に沿う格好となりました。

また、パウエルFRB議長が米経済の長期低迷を示唆したことも株式市場の重しとなりました。

クロス円主要通貨はリスク回避の円高。ドルはリスク回避に加え、パウエル議長がマイナス金利に対する否定的な姿勢が買い材料となりました。

5月前半は世界中で経済活動が再開されたものの、需要は戻りそうになく感染再拡大も起きており、明るいムードにはなっていません。

加えて米中対立が強まっており、リスクオンムードに水を差す格好になっています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero