NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

年後半(7-9月期以降)割高な株価に業績が追いつくか?が鍵。米新規失業保険申請件数6週間で3,000万件超。ECB緩和策発表も欧州株下落。

20200501ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

30日の米国株は下落、NYダウ288ドル安(-1.17%)、ナスダック25ポイント安(-0.28%)でした。為替市場はユーロ高+円安。

ECBはパンデミック緊急資金供給オペ(PELTRO)を導入。引き続き緩和強化の方向です。30日の欧州株は大幅安でした。

米新規失業保険申請件数は383.9万件(予想350万件)、過去6週間で3,000万件超の申請件数となりました。

4月の株式市場は経済活動再開やCOVID-19治療薬への期待が材料になりました。米企業決算や経済指標は軽視されました。

5月も経済活動再開やCOVID-19治療薬の話題、経済活動の「再開ペース」にも関心が集まりそうです。

4-6月期の企業業績・経済指標の歴史的落ち込みは確定しています。

年後半(7-9月期以降)は、中央銀行による超量的緩和で持ち上げられた株価に、業績が追いついてくるか?が鍵になりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero