NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC「不確実性は続いている」の文言削除。ドル安が進行。英総選挙や米中通商協議がリスク覆い隠す。対中関税引き下げまで踏み込むか?

20191212ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

11日の米国株は上昇、NYダウ29ドル高(+0.11%)、ナスダック37ポイント高(+0.44%)でした。為替市場はドル安。

FOMCは声明から「不確実性は続いている」の文言を削除、利上げは急がないことを示唆しドル安が進行しました。ドルインデックスは4ヶ月ぶり低水準へ下落。

今晩は英総選挙が実施されます。13日の東京時間に結果が判明する見通し。保守党が過半数を獲得して1月末のEU離脱を確実にできるか注目です。

15日の対中追加関税まで、残り3日となりました。追加関税が回避されるか関心を集めています。最終的には既に課している「関税引き下げ」に至れば、一気に明るいムードになりそうです。

現状は英総選挙や米中通商協議が投資家の関心を集めることで、様々なリスク要因を覆い隠しています。来年も米大統領選挙に関心が集中しそうですが、その裏では様々なリスクの芽が育っています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero