NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

EU離脱いまだ不透明!審議先送りへ。投機筋の欧州通貨売り残っており、合意なき離脱以外では下げにくい環境。EU離脱と米企業決算に注目。

20191021ポンドドル日足チャート
(出所:外為オンライン

18日の米国株は下落、NYダウ225ドル安(-0.95%)、ナスダック67ポイント安(-0.83%)でした。為替市場は欧州通貨が底堅く推移しました。

経済指標では、中国7-9月期GDP6.0%(予想6.1%、前回6.2%)、日9月コアCPI+0.3%(予想+0.3%、前回+0.5%)となりました。

中国GDPが過去最低を更新したことや、ボーイング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、メーシーズが大幅安となり、米国株の重しとなりました。

注目のEU離脱は、英議会での採決が見送りとなっています。ジョンソン首相は延期を申請したものの、引き続き31日の離脱を目指すとしています。

最新のIMMポジションからは、直近のポンドやユーロの上げ幅に比べると、欧州通貨売りの解消が進んでいない印象です。

今週もEU離脱協議の行方と米企業決算が中心となりそうです。合意なき離脱にならない限りは、ポンドの大幅安は無さそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero