NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

EU離脱10月末まで延期、6月に見直し。米3月消費者物価指数CPI・コア前年比2.0%、この先は通商交渉と米企業決算がテーマか?

20190411ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

10日の米国株は小幅上昇、NYダウ6ドル高(+0.03%)、ナスダック54ポイント高(+0.69%)でした。ブリュッセルで開催されていたEU臨時首脳会議では、10月末まで離脱期限を延期、6月に見直すことが決まった模様。

EU残留に投票したメイ首相と、EUが話し合えば当然の結果か。これで形式上の離脱となるメイ首相案で妥協するか、だらだらと離脱できない状態を続けるか、EUは2016年国民投票の結果を無にする選択肢しか与えない戦略です。

それも当然の話で、仮に英国が合意なき離脱して一時的なショックを乗り越え、英経済が良くなってしまうと、イタリアを筆頭にEU離脱ムードがEU全域で高まってしまいます。そうなればEUという枠組み自体の危機ですから、簡単に英国を離脱させるわけにはいかないでしょう。

経済指標は、米3月消費者物価指数CPI・コア前年比2.0%(予想2.1%)と予想を下回りました。当面FRBが利上げを迫られることは無さそうです。ドル円・トルコ円が小幅下落、資源国通貨がしっかりした動きでした。

この先は通商交渉と米企業決算がテーマになりそうです。日米通商交渉、米企業決算、GW10連休へ向けた動きに注目しておきます。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero